米国チェーン情報

セイフウェイ Safeway

  

 

safeway.jpg 米国食品スーパー売上高第3位の食品スーパー(SM

 

セイフウェイの始まり

1915年にアイダホ州の小さな町、アメリカンフォールズでスキャッグズ氏が父親から雑貨店を買い取ったのがそもそもの始まりであった

彼のモットーは「お客様に価値を売る-利幅を小さくして沢山の商品を販売する-」というものであった。これがあたり、1926年までにスキャッグズ氏は10州にわたり428店舗をオープンした。さらに、同年に322店舗のセイフウェイスーパーを買収し、店舗数は倍近くに増加した。

その2年後の1928年にはニューヨーク証券取引所に上場し、大恐慌の時でも「お客様に価値を売る」という開拓者精神を忘れなかった。

1930年代には、農産物のキロ販売を行ったり、生鮮食品の消費期限をつけたり、栄養価の表示をしたり、駐車場を設置したりなど、当時としては画期的なことを率先して行った

 

続きを読む ≫

投稿者:スタッフ

  トレーダー・ジョーズ Trader Joes

 

a261def0.jpg

  

取扱品目の90%がPBの店

 

非上場のトレーダー・ジョーズは、取り扱っている食品の大半がPB(トレーダー・ジョーズブランド)であり、複数の種類の品目は置かず、「十分な教育を受けた人たちに、品質の高いものをお手頃な価格で」提供しているユニークなスーパー。

店舗は、西海岸及び東海岸であるアリゾナ、カリフォルニア、コネチカット、デラウェア、イリノイマサチューセッツ、ニューヨークなど19の州にあり、店舗数2802007年時点)である。

  

 

続きを読む ≫

投稿者:スタッフ
 ノブヒルフーズ Nob Hill Foods DSC02671.JPGのサムネール画像

「正直、誠実、勤勉、忠誠心」をモットーにサンフランシスコ地区で成功しているチェーンストア

 

ノブヒルフーズは、「正直、誠実、勤勉、忠誠心」をモットーに、Raley'sBel Air MarketsNob Hill Foodsの名前で138店舗をサンフランシスコ地区で展開し、成功しているチェーンである。

 

そのノブヒルフーズの始まりはどういうものだったのか。

続きを読む ≫

投稿者:管理者
ウォルグリーン Walgreens  img_supermarket05L.jpg

 

全米No.1のドラックストアチェーン

 

 ウォルグリーンは、全米No.1のドラックストアチェーン。2008年度の売上高は590億。

売上高営業利益率は20%強、1店舗あたりの売上高はおよそ700万ドルである。

本社はイリノイ州のデアフィールド市で、店舗数は全米で6934店舗。2010年までには7000店舗が目標で、毎年500店舗ほど新規店舗している。

 

1901年に創立したローカルなドラッグストアがこれ程までに大きくなったのはなぜだろうか

 

続きを読む ≫

投稿者:管理者